メンズ

インターネットで引っ越し業者を見つけよう

大量ファイルを一度に送信

ファイル

容量制限なしで業務効率化

地方や海外に多くの拠点を持つ企業では、業務で共有すべきファイルやデータを拠点間で送受信する必要があります。また業務提携先の企業や顧客に対してファイルを送信したり受信したりする機会も増えており、扱うデータは大容量化しています。比較的容量の小さな画像や文書データならメールの添付ファイルでも対応できますが、動画やCADデータ・プレゼン資料といったファイルはサイズも大きくなるのです。顧客データベースやDTPデザインといった特殊なファイルも含め、大容量ファイルを送信するのにメールでは対応しきれなくなっています。送受信に時間と手間がかかりすぎるようでは、業務効率の著しい低下を招きかねません。近年では高速インターネット環境の整備を背景に、オンラインストレージを利用する企業も増加しています。大容量のファイルでもクラウド上に保存することにより、地理的に離れた拠点間や企業同士で共有できる点がオンラインストレージのメリットです。しかしながらオンラインストレージは、フォルダ管理を厳重にすれば利便性が低下する難点もあります。この問題を解決に導くのが、大容量ファイルでも一度に送受信可能なファイル送信サービスです。

万全のセキュリティ対策

個人で利用する分には無料のファイル送信サービスも便利なものですが、無料サービスにはセキュリティ面での信頼性に不安も残ります。企業向けのファイル送信サービスの多くは有料となっており、一定の月額料金で利用できるSaas型の製品も増えてきました。こうした有料のファイル送信サービスは強力なセキュリティが確保されているため、情報漏洩が許されない企業でも安心して利用できます。送信されるファイルはすべてSSL/TLSなどのプロトコルを使って暗号化され、なおかつIDとパスワードで厳重に管理されます。ファイルをダウンロードするには専用のパスワードを入手しなければならないため、第三者が情報を盗み出すのは極めて困難です。大容量ファイルでも短時間で送受信できる利便性と高度なセキュリティが両立されていることから、ファイル送信サービスを利用する企業が増えているのです。これからの時代は拠点と拠点、または企業間のより緊密な連携が求められるようになるのは間違いありません。業務上で扱うファイルも大容量化の一途をたどると予想されており、強固なセキュリティに守られたファイル送信サービスの需要が高まるものと予測されます。